株式会社慶應学術事業会は慶應義塾の関連組織です

社会人学習事業

慶應丸の内シティキャンパス(慶應MCC) は、慶應義塾の社会人教育機関として2001年4月にオープンしました。東京・丸の内にメインキャンパスを構え、新時代に対応する「知の創造・交流活動」を促進する拠点として、年間20,000人のビジネスパーソンが学んでいます。

コンセプト

ビジネスパーソンの学びを語る際に、「越境学習」という概念が注目されるようになりました。働く大人の学びには、会社・組織の枠を”越境”し、組織外の学習の場に参加することが重要であるという考え方です。mccconcept
学びの越境者は、「自分が何者なのか」「どんな課題に直面しているのか」を他者に説明し、理解してもらう必要があります。つまり、越境という行為は、その必然として、内省と自己洞察を促し、自らを整理し、言葉にする責務を伴います。
また、さまざまな人々が集まることで、異なるものの見方・考え方がぶつかり合う場が形成されます。自分とはまったく異なる業界の人が、何気なく発した素朴な疑問や意見が、自社の常識を相対化し、固定観念の呪縛から逃れる糸口になることも少なくありません。こうした越境学習の舞台は、自己学習やOJT研修とは異なる働く大人のためのもうひとつの場所、学びの「サードプレイス」と言われています。慶應MCCがめざすのは、大人の学びのサードプレイスです。

特徴

慶應MCCが、学びの「サードプレイス」を機能させるために重要な役割を担うのが、ラーニングファシリテーターです。
ラーニングファシリテーターは、

  • プログラムの企画
  • 講師選定と依頼、内容の吟味、プロモーション施策の立案、参加者とのインタフェース
  • 講義のアシスタント、アフターフォローまでをトータルにマネジメントする社会人学習

の専門家です。
lf04ラーニングファシリテーターは、参加者の理解を深めるための情報提供や多様な視点の提示、あるいは理論を実務へ応用する際のアプローチ方法や問題提起など、さまざまな学びのきっかけを提供します。参加者の主体的な学びを引き出す「学びの促進者・支援者」としての役割を担います。
社会学者のグラノヴェターは、新たなキャリアを切り拓く際の有意義な情報は、職場や家族、親しい友人といった同質化集団からもたれされるのではなく、交流範囲の辺境に位置する異質な人々から得られるとする「弱い紐帯(Weak ties)」論を展開しました。慶應MCCは参加者が弱い紐帯を獲得し、キャリアを展望する機会を提供したいと考えています。ラーニングファシリテーターはそのためのネットワークの触媒的な役割も果たします。

慶應丸の内シティキャンパス公式サイト

慶應丸の内シティキャンパス

 http://www.keiomcc.com/

定期講演会『夕学五十講』

 http://www.sekigaku.net/

慶應MCC『agora』(アゴラ)

 http://www.sekigaku-agora.net/

慶應MCC『クロシング』

 http://keiomccxing.com/

PAGETOP
HELLO KITTY © 1976, 2015 SANRIO CO., LTD. APPROVAL No. G561731
© 2001-2017 Keio Academic Enterprise. Co.,Ltd.
Powerd by BizVektor